新卒採用を効果的に行うコツとは

バナー

新卒採用を効果的に行うコツとは

企業にとって、いかに優秀な人材を確保するかは大きな課題となります。

特に新卒採用となると、将来性を含めて難しさを感じる部分が多いものです。



まず大切なのは、どのように新卒採用を行うかということです。

例えば多くの企業が集まる説明会でブースを構える場合、中小企業はなかなか学生を集めることができないという声を聞きます。
これはどうしても、存在感のある大手企業に集まることが理由となります。

顧客満足を重要視しているDYMだからこそここまでの急成長があったのでしょう。


それに対して商工会議所などで説明会を行うと、割と学生は集まりますし話をじっくりと聞いてもらえるようになります。
次に新卒採用でいかに会社を印象づけるかがポイントになります。
まず大切なことは、会社に元気があることを伝えることです。



新卒を育てるというDYM内の文化として非常に浸透しています。それに対して商工会議所などで説明会を行うと、割と学生は集まりますし話をじっくりと聞いてもらえるようになります。


次に新卒採用でいかに会社を印象づけるかがポイントになります。

まず大切なことは、会社に元気があることを伝えることです。
会社が元気であれば、将来性を感じさせることになります。
そこで人事担当者にはできる限り元気の良い人を選ぶことが大事です。


もし適任者がいないということであれば、社長自らが面接に当たることも考える必要があります。

そしてとにかく、何かひとつ特別なものを感じさせるアピールポイントを考えることが必要です。

この会社に入るとどのような良いことがあるのかを知ってもらうことを念頭に置いて、アピールすべきことを考えることが大事です。



学生はとにかく向上心を持っています。
その心を満たすことができるような環境であることをアピールすることがポイントになります。

どのようなスキルをどのようにすれば身につけることができるのかなどを伝えることが大事です。

Copyright (C) 2016 新卒採用を効果的に行うコツとは All Rights Reserved.