会社で勤怠管理システムを活用

会社で勤怠管理システムを活用

会社においては人事や総務といった組織で勤怠管理を行います。

勤怠管理を行うためにはその基準となる就業規則が必要です。


就業規則は法律の範囲内で決められていることになります。

安心できる勤怠管理システムが最近こちらで話題になりました。

就業規則には勤務の内容として出勤や公休、有給、残業とそれら賃金への関わりなどを明記して、従業員に周知をすることになります。従業員にも社員やパートといった形態の違いがあり、それによって月給や時給といった計算方法が変わってくることになります。


勤怠を管理するためには就業規則といった基準から決めた就業カレンダーというものが必要になります。


就業カレンダーはそれぞれ会社によって変わりますが、製造メーカーなどは変形労働時間制や事務系ならフレックスタイム制を導入するところもあります。

All Aboutといえばこちらのサイトです。

これはできるだけ残業が発生しないようにすることができるため、例えば変形労働時間制であれば1年間で法的な基準を満たせばよいということで繁忙期は休日を週に1回もしくは4週で4日という設定にし、閑散期は休日を多めにして残業の発生を抑えるという方法です。
これら勤怠管理はそれぞれ勤務形態ごとに管理し従業員ごとに計算が必要なので勤怠管理システムを活用するのが一般的です。勤怠管理システムは業務の効率化が図れるということ、ミスなく計算をすることができるということ、日々勤怠情報を収集していつでも状況を確認することができます。



勤怠管理システムは就労の状況を確認することができるので残業時間や有給の取得率など確認して活用することができます。

  • 専門知識

    • タイムレコーダーにタイムカードを挿入すると、挿入した時刻をカードに記録が行われることになります。これらは勤怠管理の中での時間管理として活用する情報で、従業員は必ず自分のタイムカードを使い、タイムレコーダーに挿入して、定時出社や定時退社を行う事が義務付けられています。...

      detail
  • サポート情報

    • 勤怠管理システムは3交代や24時間以上の拘束時間を必要とする勤務などにも柔軟に対応する機能が搭載されてきています。シフト管理は単なる時間調整だけではできず、企業ごとの勤務条件をふまえて作成されなくてはなりません。...

      detail
  • 予備知識

    • 勤怠管理はこれまでタイムレコーダーと人の力で行われてきていますが、多くが勤怠管理クラウドなどのシステムを利用する方式に変わってきています。勤怠管理では出退勤の管理が基本です。...

      detail
  • 技術についての考察

    • 勤怠管理システムには従来必要となっていた、タイムカードの情報を集計すると言った工数を削減することが出来るなどのメリットを持ちます。従業員は、社員証などのICカードをタイムカードの代わりに利用する事で、カードをかざした時刻がリアルタイムにサーバーに送信されるため、退社時の情報が入力される事で1日の所定労働時間が満たされているか否か、残業時間の集計が自動的に行われるため、勤怠管理に携わる従業員の工数を削減することが可能になります。...

      detail